夏に山や河川、海などの大自然を感じながらバーベキューを行ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

暑い季節はアウトドアに最適ですから、家族や親しい友人と共に野外で食事が出来るバーベキューはお勧めです。

しかし、バーベキューは意外と失敗しやすいアウトドアの1つだと言われています。

そこで今回はバーベキューを行う際にスーパーで買い出しする際の失敗しないポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエット中の方でも安心して食べられるバーベキュー食材とは?

野菜盛り合わせ

バーベキューといえば、やはりメインは「お肉」ですよね。

しかし、お肉はダイエット中の方にとっては嫌煙される食材の1つです。肥満は生活習慣病の1つですので、女性だけではなく、男性の中にもカロリーを気にしていらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。

そこで、カロリーを気にしていらっしゃる方のためにスーパーで買い出しをするならば、野菜を中心に調達しましょう。

バーベキューで人気の高いジャガイモやとうもろこしなどの糖質の高い野菜を控え、玉ねぎやアスパラガス、キノコ類など食物繊維が豊富に含まれている野菜を中心に調達しましょう。

血糖値の急激な上昇を抑制し、余分な脂質や糖質の吸収を抑えることが出来ます。

バーベキューの醍醐味であるお肉も牛肉ではなく鶏肉にし、出来る限り脂身を摂取しないように配慮すると良いでしょう。

帆立や海老などの海鮮類をスーパーで自薦に調達しておけば、お肉が少なくてもお腹に溜まりますのでお勧めです。

バーベキューならではの特別な料理を提供しよう!

ローストビーフ

折角のバーベキューですから、ジュージューとお肉や海鮮類を焼いているだけでは華がありませんよね。

そこでバーベキューを行う前にメインディッシュになる特別な料理を仕込んでおくと喜ばれます。

例えば、直火で仕上げたローストビーフやビア缶のチキンなどはいかがでしょうか。

もし小さいお子様や女性の方がバーベキューに参加しているのでしたら、手作りのバームクーヘンなどもお勧めです。

スーパーでバーベキューの食材調達する際は、そういったことに気を配るとより一層バーベキューが盛り上がりますので頭の片隅に入れて置いて頂けると幸いです。

スポンサーリンク

バーベキューでも配慮を忘れずに!

焼きリンゴ

バーベキューは男性だけではなく、女性や小さなお子様も参加していることと思います。

そんな中でお肉や海鮮類ばかり提供していてはバーベキューに参加されている女性や小さなお子様は飽きてしまいます。

バーベキューでは参加者1人1人への配慮も大切です。

例えば、小さなお子様にはフランクフルトや焼きリンゴ、ピザなどの材料をスーパーで調達したり、女性にはカブローストと呼ばれる野菜を皮付きに焼く料理やスープ・サラダなどを提供するなど工夫を凝らしましょう。

バーベキューの食材をスーパーで調達する場合、出来る限り良質なお肉や鮮度の高い野菜や海鮮類を購入しましょう。

そして、バーベキューにどのような方が参加されるのか、どういった調理を行うと良いかをじっくり考えましょう。

折角バーベキューを行うのですから楽しい思い出を作りたいですよね。

アウトドアでしか出来ない特別な料理と参加者への気配りが出来れば、自ずとどのような食材をスーパーで購入したら良いかが分かるかと思います。

是非記憶に残る楽しいバーベキューを行ってください。

スポンサーリンク