一部の地域では桜を眺めながらバーベキューを行うことを許可してくれる場所も多々存在します。

また、お花見以外にもゴールデンウィークに河川でバーベキューを行ったり、夏には山や海でバーベキューを行うことと思います。

そんなとき、みんなを「あっ」と驚かせるちょっと変わった食材を持って行くと注目されること間違いなしです。

では、どんな変わり種のバーベキュー食材があるのでしょうか?

スポンサーリンク

バーベキューで定番の食材

フランクフルト

面白いバーベキュー食材をご紹介する前に定番の食材をご紹介したいと思います。

お肉の定番といえば、やはり牛肉や豚肉ですが、ヘルシーな食材として鶏肉も人気が高いです。

小さなお子さんがいらっしゃる場合はフランクフルトやウインナーなどがお勧めです。

魚貝類では、鮮やかな赤色に染まる海老やお酒のおつまみで人気の高いサザエ、カキ、ハマグリ、鮭やブリ、イカといった食材もお肉同様高い人気を誇っています。

野菜では、焼き肉店でよく付け合せとして登場するニンジンやピーマン、玉ねぎ、ジャガイモなどが鉄板でしょう。

これらの食材を必ず用意することで絶対失敗することはありません。では、変わった食材や面白い食材をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

意外と人気のある変わり種のバーベキュー食材

じゃがバター

バーベキューでは、どんな食材を持ち寄っても良いというルールが存在します。

ですが、不味いものを用意するわけにはいきません。

そこで、やってみたら意外と美味しかった変わり種・面白いバーベキュー食材をご紹介します。

こんにゃくやじゃがバターはバーベキューの定番になりつつある面白食材の1つです。

また、アルミホイルに海鮮類などを包み込んでチャンチャン焼きやボイル焼きなども女性に人気のある食べ物です。

中にはパエリアを作る強者もいると言います。

バーベキューで甘いスイーツが食べたくなった場合、マシュマロやリンゴを焼くと甘くてとろける食感が癖になる絶品スイーツとなります。

男性に人気の変わり種食材は餃子やパンなどが人気を集めています。

そして、バーベキューも終盤に差し掛かってきたときに最適なバウムクーヘンは意外性も高く、一緒にバーベキューを行っている方々からも歓喜の声が上がります。

他にもチーズフォンデュやお好み焼き焼きおにぎりハンバーグなどいろいろあるので、バーベキューを行う際は色々と試してみると楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク