1年を通して行われるバーベキュー、夏になると特に家族や友達で楽しめるイベントとして企画されますよね。

最近では用具のレンタルなどもありますが、基本的には持ちよりなどでご自身で準備する方が多いのではないでしょうか。

準備するものとしては、バーベキューコンロ、食材、場所が1番に検討されるものです。

その中でもバーベキューコンロは、1度購入するとずっと使えるグッズです。

いろいろな種類があるだけにじっくり検討したいものですよね。

今回は、バーベキューコンロの中でも扱いやすい電気式やガスタイプの選び方をまとめました。

スポンサーリンク

バーベキューコンロ 電気式

電気式バーベキューコンロ

電気式の特徴は、着火をしなくていい点、火を使わないので安全性が高いという所です。

バーベキューにおいて、1番の難関ともいえる「火起こし」を行わなくていいので初心者の方でも安心してバーベキューが行えます。

また、子供と一緒に行う時にも火花・火の粉が飛ばないので安心ですね。

ポイント

電気式なので、あたりまえですが電源が確保できるとこでしか使えません。

実際にバーベキューを行う場所は、キャンプ場、河原、自宅の庭どちらでしょうか?

電源が確保できる場所でバーベキューを行う方にはオススメです。

デザインに関しては、炭火用と変わらない外観のタイプの物もあります。

野外で行う場合も、しっかりバーベキューの雰囲気が味わえます。

スポンサーリンク

バーベキューコンロ ガス式

ガス式バーベキューグリル

ガスボンベをセットして火を使うタイプのガス式は、ボタンだけで着火・火加減の調節までできてしまいます。

電気式と同じく、着火の手間がかかりません。

また、燃えカスの処理もないため跡片づけも楽ちんです。

安全面でも、炭タイプの物に対してコンロ全体が熱くならないため、もし子供が触れてしまっても火傷する心配は少ないでしょう。

ポイント

ガスコンロを使って、火の調節をしながら調理することになります。

ガスの残量をしっかり確認できるよう、ガスメーターが付いているか確認しましょう。

調理の面では、蓋があるタイプでしたら「蒸し焼き」なども楽しめます。

付属で蓋があるのか、ないのかも確認しておきたいですね。

電気式、ガス式、と言われてもいまいちピンと来なかったりしますが、それぞれにメリットがたくさんあります。

ポイントをしっかり確認して、ご自身のスタイルに合ったバーベキューコンロを見つけて下さいね。

スポンサーリンク