暖かい時期は外でご飯を食べるのが気持ちよいです。

家族や友達でバーベキューをするのはとても楽しいですよね。

バーベキューは楽しいですが、バーベキューコンロのお手入れの仕方って意外と知らないものです。

お肉の油や、炭などはしっかり落としておきたい汚れです。

今回は、次の機会にも気持ちよく使えるような、バーベキューコンロのお手入れの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

できるだけ早く掃除をする

バーベキュー焼き網

場所によっては洗い場などがなかったり、洗剤の使用許可がないなどもあります。

ですが、油汚れなどは時間がたつと取れにくくなってしまいます。

できれば終わってすぐに掃除をするのが理想ですが、持ち帰って掃除をしなければならない場合は最低でも次の日には掃除をするようにしましょう。

ブラシを使ってしっかり汚れを落とす

網には食べ物カスや、肉の油が付いています。残り火でしっかり焼き、完全に炭化させましょう。

炭になったらブラシでこすり、しっかり汚れを落としましょう。

コンロ部分は残り火に気を付けて炭を捨てます。そのあと、ブラシでしっかり炭をかき出しましょう。

ここでしっかり汚れをかき出すと、洗剤でゴシゴシこする手間が省けますよ。

スポンサーリンク

火床の掃除

油汚れ、焦げ付きがひどい部分に洗剤をかけます。

スプレータイプを使うとかけやすいです。

ひどい汚れの場合はキッチンペーパーなどをかぶせ、パックするとよいでしょう。

10~20分ほど置いたら、スポンジたわしを使って残っている汚れを落としましょう。

汚れが落ちたら錆止めの食用油などを表面に薄く塗りましょう。

新聞紙やボロ布を使って塗ってくださいね。

焼き網の掃除

新聞紙を敷き、その上に焼き網を置きましょう。

洗剤をふりかけブラシでしっかり汚れを落とす。

汚れが落ちたら食用油を全体に塗り、錆止めをしましょう。

掃除が終わったら、ビニール袋に入れて保存しましょう。

楽しいバーベキューですが、その分後始末も大変ですよね。

ちょっと手間がかかるバーベキューコンロのお手入れですが、しっかり掃除をしておけば次回も気持ちよくバーベキューができます。

後回しにせず、できるだけ早めに掃除をしましょう。

スポンサーリンク